SENA10CPROのレビュー

SENA10CPRO-シンプソン-ブルースター ライダー&その他
CBX1000ライダー&その他
この記事は約5分で読めます。

SENA10CPROのレビュー

私の使っているインカムについて書きたいと思います。
インカムデビューの方向けにも書きます。これから、インカムを買われる方や検討中、持っていない方や否定的な方もぜひ最後まで読んでみてください。
私は【SENA10CPRO】を使っています。この商品の特徴はカメラ付きのインカムという所です。
インカムセットとなっているからどうしたの?と思われるかもしれませんので、ひとつずつ紐といていきます。

インカムデビュー向けですか?

そもそも、古いバイクに乗っている方やベテランライダーさんはインカムすら装備していない方も多いです。この前は20年選手3台でツーリングに行った時は私以外はインカムを装備していませんでした。
インカムデビューは高級品でなくても、アマゾンで5000円前後のインカムで十分にツーリングの幅が広がりますので、よく意味が分からない方はアマゾンで最安値のバイク用のインカムをご購入くださいませ。インカムの素晴らしさが身についている方には値段は高いのですけど、悪くはないと思います。

SENA10CPROについて

カメラがついている点以外は普通のインカムだと思います。
気になる事を諸々書いていこうと思います。
・並行輸入品を購入しても日本語化は可能です。
↓こちらで解説されている通りで出来ました。↓


・カメラとインカムは別のバッテリーで動いているような感覚
正確には同じバッテリーで動いてくれているのでしょうけど、
カメラが先に使えなくなって、インカム用のバッテリーは確保してくれているというような
感覚です。

・マイクの録画が出来る。
会話などの録画も可能です。機器によってはマイク録音が難しいタイプもあると思いますので、
必要な方には素晴らしい機能だと思います。

・付属のスピーカーでの音楽鑑賞は音質は微妙です。
バイクに乗りながら音楽を聴くなよ…と思われる方も多いと思います。私もそうです。
後付けで優先のイヤホンキットもありますので、そちらを使うと、アイフォン純正のイヤホンも使えるので音質にこだわる方にはそういった方法もございます。
くれぐれも運転中に音楽鑑賞はお控えください。聴力を封印して運転しているのと同じでございます。

・使用者が多い
B-COMかSENAの2大かなと思います。BCOMは他社製品も含めて複数のインカムの接続が出来ますけど、
捜査が難しい場合がありますので、注意が必要です。

・ノイズキャンセリングが素晴らしい
カメラ用なのか?インカム用かは分かりませんけど、ノイズキャンセリングの機能は素晴らしいです。

・レンズフードが高い
レンズの保護ラバーが2000円程度する様子です。絶対になくさないでください。
SENA10CPRO本体
汎用のイヤホンが使えるアダプタ
レンズカバー

カメラの操作性

カメラの操作は完全ではないですけどインカムと独立しているような操作感です。
動画を撮影のオンオフと静止画のシャッターを切るの3通りしか操作がありません。

ヘルメットにインカムを装着

ブルースター
ブルースター
ヘルメットには穴をあけずに両面テープで固定してくださいませ。穴をあけると安全性が低下いたします。

YouTube-動画のテスト

音楽を流しているバージョンと普通の走行動画です。

LINEのグループ通話はバイク向きではない。

街中であれば使えます。少しでも電波が途切れたりするような状況であれば、使い物になりません。
LINEとインカムは別物として考えてください。あと10年くらい経って、電波状況が素晴らしくなったらどこでも使えるかもしれません。

ユニバーサルインターコムペアリング

1対1だとほぼ確実にインカム同士を接続出来ますし、1km程度離れてもなんのそのでお話出来ます。
複雑な操作を複数覚えるのは難しいかもしれませんけど、これ一つだけでもよいので、何とか覚えていただくと明るい未来が見えてきます。
曲がったり、止まったり、信号にひかかったりしてもリアルタイムな通話で対応が出来るようになります。バイクの乗り方の幅が広がります。

専用アプリの操作性

インカムとの接続はbluetoothをオフにして出来れば、インカムに充電器を接続して行うのが吉です。
wifiを利用してスマホと接続して動画や静止画のダウンロードを行います。
そして接続が不安定です。我慢すれば、使えない事はないですが、可能なら、SDカードをPCを使って取り込む方が安定していると思います。

SENA10CPROのレビュー【まとめ】

カメラについてはGOPROやドラレコとは毛色が違うというか完全に別の撮影が出来ると思ってもらった方がよいです。
インカムとしてはインカムの性能はシェア率が高いだけあって素晴らしい製品です。
次の次のバージョン位でとてつもなく素晴らしい製品になるのではないかなと思います。
SENA10CPROの不満な所は撮影の揺れとアプリの接続です。
その他をあげればどんどん出てくるとは思いますけど、上記の2点は技術と時間が解決してくれるとは思います。それまでにSENA10CPRO系列の開発が終了しない事を祈るのみです。
インカムを現在お持ちでない方はぜひともインカムのご購入をご検討くださいませ。
それでは!シーユーアゲイン!

気になるアイテム

DIYライフにお役立てくださいませ。値段の比較がしやすいようにリンクを設定しております。
各ショッピングモールに絶対にあるとは限りません。ボルトナットやゴム類はアマゾンだけでしか取り扱いが無いケースが多いです。各モールのリンク先から色々検索も出来ます。

インカム

ビーコムかセナのインカムを選んでおけば困る事はありません。その他にもミッドランドやノーブランドの中国製でも良いと思います。安価な物では5000円くらいからあります。
私はセナ製品を使っています。性能のセナに音質のビーコムという印象を受けます。

↓新しいタブで開きます。
アマゾンで安価なインカムを探す
SYGN HOUSE(サインハウス)
¥37,795 (2024/05/18 15:44時点 | Amazon調べ)
セナ(Sena)
¥32,000 (2024/05/18 15:44時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました