車輪村2022/04/10

車輪村2022イベントコンパニオン ツーリング
CBX1000ツーリング
この記事は約4分で読めます。

車輪村2022/04/10

久しぶりに広島県神石郡神石高原町上豊松72-8に行って参りました。
広島市から向かうと割と遠いです。
高速道路を使う場合は山陽道で言えば福山東インター下車です。
街中に入ると案内用の看板なども出ています。
初めて訪れる方は近くを走っているバイクは車輪村に行くと思ってよいので、
何となく後ろを就いて走れば会場にたどり着けます。

↓グーグルマップが新規タブで開きます↓
車輪村会場

昔と比べると、ラジコンコーナーや高級スポーツカーの展示などは無かったものの、運営のスムーズさや、車の渋滞が前よりは起きにくい会場など、総合的に良い方向に進んだのではないかなと思っています。他の会場と違ってエクストリームなどのアクションが規制が緩めなのと、
トッププロを招致することによって、観客席間近で見ることが出来るのが売りなようです。
あとは伝説のロックバンドBOOWYの高橋まこと氏の野外ライブ。おおむね毎年来てくださってる様子です。年齢は御年68歳な様子です。しかし、年齢を思わせない位にエネルギッシュでございました。
日本が誇る生きるレジェンドなのもありますが、BOOWYのコピーバンドとしては最高峰の演奏だとは思います。ドラムは本物なので。フルカーボンのポルシェやハイラックスとタンドラの比較や自衛隊車輛、屋台で神石高原町のお肉なども頂くことが出来ました。水着のお姉さん達もこのイベント慣れた様子でMCをされていて非常に楽しい雰囲気でした。

車輪村2022の写真

スタッフの方やMCの方、パフォーマーの方は割と慣れた感じで安心してうろうろ出来ます。
お客さんも何回か足を運んでいる人が多いので、場所も良いし特に大きなトラブルはなさそうです。
私の出身地の可部が、モータースポーツ好きが多いといか少々盛んな地区で、
演者の方や裏方スタッフに知り合いがいたり、名前が書いてあったりすることもあります。
一番は水着のコンパニオンのお姉さんと知り合いだと良いのですけどね…
まだ、肌寒い季節なのでお仕事とはいえちょっと大変だろうなとは思います。

車輪村の会場が変更された感想について

会場が変更された事についての感想です。
車の混雑具合などは以前とは比べ物にならない位に解消されています。
以前、車輪村に行った時は大渋滞!というイメージが非常に強かったです。
今回は拍子抜けするくらいスルスルとバイクも車も流れてい行きます。
もちろん駐車場の出入りは順番になるのでそこで車やバイクが停まりますからある程度は流れは悪くはなりますが、トイレなどの不安があったりするような感じではありませんでした。
私は久しぶりに車輪村に行きましたから会場が変更されてから初めて訪れたわけではないと思います。
以前の車輪村は豊松村の中学校が駐輪場になっていました。土の上にバイクを停めるよりはアスファルト敷の地面にサイドスタンドを立てる方が安心できます。台数も多いですから、サイドスタンドを地面に立てた事によるバイクの転倒など余計な心配事も減ったと思います。
街全体を上げて行っているイベントという雰囲気が非常に好きだったのですけど、
渋滞トラブルなどもあって会場を変更したのだと思います。
久しぶりに訪れたコロナ後の車輪村です。数年前に訪れた時よりはバイクの台数が減ったような気もいたしました。コロナで世界的に価値観なども変化しているので、イベント参加へ対する積極性が下がったのはしょうがないかもしれません。
総じて、会場が変わった事に関する感想については街全体感が無くなっただけです。
以前は街の中心で行われていたのが好きだったのもあるのですが、
変化がないと前に進まないのでプラスが多い変化だったのではないのかと思います。
近い未来では2デイズなどで車輪村を開催したりとか、海外から有名人がやってくるなどがあればよいなと思います。

車輪村2022/04/10【まとめ】

会場の中に入るのも十分に楽しいのですけど、旧車好きな方にはバイクを見に行くだけでもお腹一杯になるようなイベントです。コロナで中止になったり、規模や会場が変わったりなど、これからもあると思いますけど、行ったことない方は来年、再来年でもぜひ足を運んでほしいものです。
むしろ、慣れた方とかは入場料を払わずに駐輪場を見学だけして帰っていくという猛者の集団もいる様子でした。今年はZ系が少なくなってCB系が増えた感じがしました。2022/05/08には安浦でKCBMもある予定です。パフォーマンスなどの出し物はほぼないのでしょうけど、集まるバイクの数が車輪村の5倍位は集まるかなと思っています。こういったイベント関係は最近はなかなか開催出来ない事情があったので今後も非常に楽しみです。
それでは!また来年もお会いいたしましょう!

タイヤの価格を比較してから購入

コンチネンタルのクラシックアタックは現在選べる唯一のラジアルタイヤです。バイアスタイヤカテゴリのダンロップ-TT100GPは昔から愛される非常にカッコよいパターンのタイヤです。
コンチネンタル
¥31,900 (2023/05/17 10:38時点 | Yahooショッピング調べ)
コンチネンタル
¥28,820 (2023/05/15 10:15時点 | Yahooショッピング調べ)
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥12,251 (2024/02/21 08:56時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました