CBX1000に昔サイズの19インチラジアルタイヤ-コンチネンタルクラシックアタックの空気圧の適正は2.6kpa位か?

コンチネンタルクラシックアタック新品 メンテナンス
CBX1000メンテナンス
この記事は約4分で読めます。

CBX1000に昔サイズの19インチラジアルタイヤ-コンチネンタルクラシックアタックの空気圧の適正は2.6kpa位か?

私のCBX1000には
Continental-ContiClassicAttackコンチネンタル-コンチクラシックアタック
を履かせています。
現在レンタルピットで色々と作業をしておりますが、フロントタイヤの交換も項目の一つでございます。あまり距離を走ったような気はしないのですが、編摩耗が酷い気がして、気が気でない状態なので、フロントタイヤを交換する事にしました。
以前はTT100GPを履かせていました。サイクルは6000km位かなと思います。
タイヤパターンがみょうにかっこよくて非常にお気に入りだったのですが、
1度ラジアルタイヤを履かせてみたくてコンチネンタルのコンチクラシックアタックにしてからは、
ずっとコンチネンタルでございます。エイボンやコンチネンタルなどあからさまな海外メーカーより、
出来れば国産のタイヤを履きたいのですけど、現在のCBX1000の表コムスターホイールに履ける18インチのタイヤはコンチネンタル一択でございます。
前書きが長くなりましたがタイトルの話に行くと、
コンチクラシックアタックに適正な空気圧は
フロント-2.5~2.6
リア-2.5~2.7
という風に現在決めつけています。
単位はkpaだったと思います。
私が確かめてダメだった空気圧は、
フロント1.9~2.3辺りです。
現在、適正だと思っている空気圧は他のタイヤを参考にしたりバイク屋さんの意見を参考にしております。現在は1000km以内で前後新品の状態です。
次のタイヤ交換までに編摩耗していなければ適正だったと言える空気圧かなと思います。
ちなみにTT100GPの時は
フロント2.1、
リヤ2.3にしておりました。
特に編摩耗などで悩むことはありませんでした。

タイヤの編摩耗の様子-三角減り

空気圧ちょい低めの方がグリップがよかったりとか色々良い効果もあるのかもしれませんが、
変なちび方をするのはストリートユースとしてはあまりよろしくありません。
そもそも、何かしらのプラスの効果があるのか、単純にプラスの効果も無くて編摩耗しているのかは定かではありません。

タイヤの編摩耗-三角減り

編摩耗-三角減り。正しい呼び方かどうかは不明ですが、直線のようになっていると思います。

新品タイヤ

新品のタイヤなので空気圧が低かろうが高かろうが分かりにくいとは思いますが、交換前と比べると丸みが違うとは思います。

タイヤの性能について考える

タイヤの違いについて分かる人、分からない人がいると思います。
私はきっとタイヤの性能について違いが分からない部類だと思います。
タイヤのグリップとか良くなったか悪くなったなどはこけてみるまで明瞭に実感できないような気がします…。タイヤが気になってバイクに乗っているわけではないのですが、
CBX1000が発売された1979年の当時は車体の性能にタイヤが付いてこないなどの雑誌の記事を読んだことが有るような気がします。少なくとも現代の技術で造られたタイヤなので性能が素晴らしい事は間違いないかなと信じています。
水冷エンジンの不凍液も100年前程度は一般的ではなかった様子ですし、また20年経てば、
凄い技術が一般的になるとは思います。

旧車世代のバイクにラジアルタイヤは有か?

このあたりは大変好みが分かれるところだと思います。
私が今回履かせているコンチクラシックアタックですが、多少無理矢理感があるような無いような…。
あくまでもバイアスタイヤでバイクに乗るという考え方は有かなと思います。
ただ、チャンスがあれば、1度位は旧車と呼ばれる世代のバイクでもラジアルタイヤを履かせてどんなものかだけでもチェックしてみればよいかなとは思います。
タイヤはおーなーそれぞれで好きなパターンや銘柄なども有ると思います。
好きなタイヤだけ履くのも良いかもしれませんが、噂になっているようなタイヤなどはチェックしてみても良いかなとは思います。

CBX1000に昔サイズの19インチラジアルタイヤ-コンチネンタルクラシックアタックの空気圧の適正は2.6kpa位か?【まとめ】

まとめ的な話は空気圧です。コンチクラシックアタックの適正な空気圧ってメーカーサイトとかにも書いていないか、私が見つけられていないだけのどちらかです。
少なくとも2.3程度だと編摩耗するタイヤなのかなとは私の中では考えています。
このあたりはずっと同じ空気圧で乗っていたわけではないので完全な話ではないかもしれません。
どうやら2.6程度が良いような気がしています。
また、編摩耗したらご報告したいと思います。
それではシーユーアゲイン!

タイヤの価格を比較してから購入

コンチネンタルのクラシックアタックは現在選べる唯一のラジアルタイヤです。バイアスタイヤカテゴリのダンロップ-TT100GPは昔から愛される非常にカッコよいパターンのタイヤです。
コンチネンタル
¥31,900 (2023/05/17 10:38時点 | Yahooショッピング調べ)
コンチネンタル
¥28,820 (2023/05/15 10:15時点 | Yahooショッピング調べ)
ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥12,251 (2024/02/21 08:56時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました