FCRセッティング-パイロットスクリューの調整について可能なら正しく効いているかチェックすべき

パイロットスクリュードライバー FCR
CBX1000FCR
この記事は約6分で読めます。

FCRセッティング-パイロットスクリューの調整について可能なら正しく効いているかチェックすべき

先日、スクリューとかFCRについてリアルな生活で色々質問を受けたのでパイロットスクリューについて書いていきます。下記のリンクなども分かりやすいと思います。
スクリューの戻し量については時計表記しています。
90度=30分
360度=1.00分

過去の投稿へのリンク
FCRセッティング-パイロットスクリューは全閉でもアイドリングしてしまう…

タイトルにもありますが、可能であれば正しくパイロットスクリューが効いているかチェックしてくださいというコラム的な投稿です。調整が難しいようでしたら、1.00戻し固定でもよいとは思います。
セッティングをする時にPSは触らないと言われる方や、1.00分戻しで固定と言われる方もいらっしゃ。パイロットスクリューは全閉めでもアイドリング出来ます。
スロージェットを極端に大きくして、アイドリングストップスクリューを高めにしたりと意図的に調整すれば全閉めでもアイドリング出来てしまいます。意図的でなくてもセッティングして色々触りまわした結果として似たような状態になってしまって全閉めや4.00分戻しでもアイドリングやエンジン始動について問題が無いような状態になってしまう事もあります。
パイロットスクリューについては1.00戻しで30分ほど回して変化が分かるようなら適正な番手のスロージェットになっていると思います。
パイロットスクリューについて調整する時はエンジンをかけた状態でパイロットスクリュードライバーという専用の工具を使った方がよりわかりやすいです。
私はFCRのセッティングを始めた時にCBX1000に使えるパイロットスクリュードライバーが見つからなかったので、エンジンを停止して変化を試していましたが、変化しているのかどうかよく分からない状態でした。CBX1000用に私が使っているパイロットスクリュードライバーはストレート製の物を削って使っています。バイク屋さんに借りたりして3本ほど試した結果どれもエンジンに干渉して上手く使う事が出来ませんでした。
パイロットスクリューについて調整しようと思う場合はパイロットスクリュードライバーが必須です。
私のCBX1000は空燃比計をつけているのですが、パイロットスクリュードライバーを使ってエンジン始動しながらパイロットスクリューを初めてした時は少々感動した記憶があります。

パイロットスクリューの調整でエンジンの始動性は変化するか?

変化します。エアスクリューでも変化しますけど、エアスクリューはスロットル開度1/16から上にも影響しますからパイロットスクリューで対応が出来るならパイロットスクリューで対応をした方が良いと思います。パイロットスクリューの戻し位置を1.00分固定のままスロージェットを色々試してエアスクリューで微調整というものありかもしれません。おおむねスロージェットも全体的に適正な番手が選べると思います。上記していますが、スロージェットは大きくし過ぎてもアイドリングしてしまうので、注意は必要でございます。確定的には書きにくいのですがパイロットスクリューが効いていないような番手のスロージェットを使ってセッティングをするとセッティングを進めていいくうちにバランスが悪かったり様子が変な部分が出てくるかもしれません。私の場合は一つずつ工具などを買い揃えてFCRのセッティングを進めていたので、全体的なバランスを見れていない時は何だかちょっと変だなと思って無視していたこともあります。出来る範囲で今出来る前回より良いセッティングを目指していました。
パイロットスクリュードライバーなどは最初から使えなかったことは自分の知見にプラスになるという観点からも非常にマイナスだったと思います。

パイロットスクリューは各シリンダーごとに調整するか?平均か?

CBX1000で各シリンダーごとにパイロットスクリューを回したりしても変化を感じ取る事は出来ませんでした。やり方が悪いとか先入観もあるかもしれませんが、私のCBX1000の場合は6気筒とも同じ戻し量にしております。Zの専門家の先輩が言うにはパイロットスクリューは各シリンダーごとに変化させて調整しているようです。そして、スクリューの戻し位置がバラバラだっとクレームを受けてイラっとしているそうです。セッティングマニュアルにはパイロットスクリューは各シリンダーごとに調整するとは記載はありません。エアスクリューで各シリンダーごとにスクリューの位置を別々に調整をするので、帳尻は取れるのではないかと思っています。変化が分かりやすいならパイロットスクリューでも各シリンダーごとに調整をしたいとは思いますので、派手に調整をする機会があれば、再度各シリンダーごとにパイロットスクリューの戻し位置を変化させる件についてはチャレンジしてみたいと思います。

FCR初心者向け-パイロットスクリューは固定でもよい

極端な話、エンジンがアイドリングするならパイロットスクリューは固定でもよいかもしれません。
パイロットスクリューの担当はアイドリング周りだけなので調整する事によって走行についてパワーが上がったり不備が大きく出るような感じはありません。あくまでもスロージェットやエアスクリューである程度帳尻を合わせるという意味です。人情としては調整出来るなら調整をした方が良いですが、出来ないなら出来ないで問題はないかなと思います。概ねPS1.00分戻しでASが45分~1.45分位に収まっていて、発進時のクラッチミートで極端にパワー感が無いような状態でなければ、おそらくになりますが適正に近いパイロットスクリューの戻し量になっていると思います。
しかし、触れるなら触った方が良い項目には間違いはありません。

FCRセッティング-パイロットスクリューの調整について可能なら正しく効いているかチェックすべき【まとめ】

端的に書くとパイロットスクリューが効いているかどうかを確認するとスロージェットが適正なサイズになっているかどうかが分かるというような記事でございました。
今回はパイロットスクリューのコラム的な記載でしたが、何度か過去にも似たような事を書いていると思います。時間が経つ度にやる事がアップデートされているような気がしております。来年の2024年は似たような記事を書いた時により良い内容でブログ投稿が出来ればなと思います。
それではシーユーアゲイン!

CBX1000写真ギャラリー

FCRのセッティングについてパイロットスクリューで触っているような画像を過去の投稿から抜粋して掲載します。あとパイロットスクリュードライバーも掲載します。写真によってはキャブドライバーと記載している投稿もありましたのでご了承くださいませ。

エンジンオイル一覧

エンジンオイルの一覧です。CBX1000ではモチュール300vの15w-50を使用しています。
バイクはおおむね10w-40の傾向が強いです。古いバイクと夏場は粘度高目と覚えておいてくださいませ。化学合成油や鉱物油など気にしない場合でも末尾の数字の【30】【40】【50】にはご注意ください。値段と性能は比例します。高い分にはトラブルに関しては心配はないのですが、安すぎるとなんだか不安になってしまいます。そういった点で言えば、ホンダウルトラや値段やメーカー純正な点を踏まえても使いたい候補にはあります。

モチュール

バイク用オイルと言えばモチュールの感が強いです。。人によってはモチュール以外のオイルは使いたくないという人もいます。エンジンオーバーホール済の旧車に入れている人が多いです。
OH済のエンジンはおおむね15w-50を入れていて夏なら10w-40を使ってもよいかなという感じです。
モチュール300V 15w-50 4リットル
モチュール300V 10w-40 4リットル
¥12,490 (2024/07/06 10:30時点 | Amazon調べ)

ホンダ-ウルトラシリーズ

メーカ純正で安価な部類のオイル群です。G1-G4までで数字が大きいほどグレードがあがるという考え方でよいかなと思います。純正志向の方などはホンダ純正オイル以外は使いたくないという方も多いです。安価だし値段は高くないしプラス面も多いです。ホンダは少し変わっていて全体的に粘度が低めです。E1は鉱物油です。早いサイクルでの交換や鉱物油派の方におすすめです。
ウルトラ G1 5W-30 1L
ウルトラ G2 SL 10W-40 1L
ウルトラ G3 SL 10W-30 4サイクル1L
ウルトラ G4 SL 0W-30 4サイクル1L
E1 SL 10W-30 4サイクル1L

メーカーHP

ヤマルーブ

昨今、評判の良いオイル。実際に使ってみてよかったという人には数名はお会いしました。静かにファンを獲得しているような気がします。他のオイルメーカーと比べて尖ったような特徴は謳っていませんが、本当に何だか良いオイルという感じでした。プレミアムとRS4GPではRS4GPの方がグレードが高いオイルです。
ヤマルーブ プレミアムシンセティック MA2 10W-40 4L
ヤマルーブ RS4GP 4L 10W-40 MA2 化学合成油

ワコーズ

ワコーズ製品を使って感動を覚えた人も多いはず。ケミカルはこれをつかっておけという位は日本で普及しています。バイク用か車用かの差異はなさそうなのですが粘度などを気を付けて購入してください。
PRO-S50 プロステージS 15W-50 E245 4L

Kawasaki-冴速-冴強

粘度の違いに気を付けてご購入ください。900RSの大ヒットでシェア率もあがっているし、評判も良いオイルです。違いはオイルの粘度です。特に指定やこだわりが無い場合は、10W-40 冴速をおつかいください。
冴強 10W-50 1L×4本セット J0ELF-K011S
冴速 10W-40 4本

シェルShell-アドバンスド

自社でオイルの精錬工場を持っていて天然ガスからオイルを作っている…使ってみたことはないのですが、非常に気になるオイルです。さすがに高い…が試してはみたいです。
シェルアドバンス 4T ウルトラ 1L 15W-50(SN) 412233193-1
シェルアドバンス 4T ウルトラ 1L 10W-40(SN) 412232193-1
SHELL ADVANCE(シェルアドバンス)
¥3,085 (2024/07/08 13:30時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました