リペイント-塗装の依頼をする時に渡したイラスト

CBX400Fインテグラカウル1 カウル取付
CBX1000カウル取付メンテナンス
この記事は約5分で読めます。

リペイント-塗装の依頼をする時に渡したイラスト

グーグルドライブを整理整頓していたら、CBX1000の外装リペイントを依頼した時に書いた指示用のイラストが出てきたのでそれについて書いていきます。
まず、塗装をする時に相手はプロですから、ある程度、こちらの素人な注文も実現してくれます。
私もお仕事でプログラムを作っているのですけど、作る前にはイラストで提案したり、
手書きのメモで実現したい事を書いてもらったりします。
プログラムは実際に物では無いので、依頼内容とお客様が想定された事が違った場合は、
やり直しになる事もあります。
作っているプログラムが納品後に意図した事と違うと言われた場合でも文章で書いていたり、作る前に文章で残る形で質問をしていたりすると、別途費用がもらえたりするケースがあるので、
お客様や作る内容によってはまめに文章で残すようにしています。
作る側からしてもトラブル防止の観点以外でも、相手の意図が伝わるので作業が非常にやりやすくなります。
というわけで塗装に関しても、造形に関しても正確な図面が無いものなら、無いなりにイラストでも
書いて伝えて方がきっとわかりよいはずです。
どんな風な仕上がりになったかは写真でごらんになってみてくださいませ。

リペイントの依頼前に書いたイラスト

ざっくりとこんな感じでございます。
別途口頭にはなりますけど、ラインの終わりの位置にはお任せします。太さや平行については純正ラインは平行ではないのでお任せします。
という風に伝えました。
お任せしますと伝えると失敗してもよいやいい加減にやってよいというわけではないという点についてはくぎをさして依頼するか、メモ書きでも良いので文章やもっと細かいイラストを追加して渡した方が
よいです。便宜上イラストと書いていますけど、写真を元に作成しています。
やる気のあるプロの方は意図をくみ取って付けていて恥ずかしくない物を納品してくれます。

リペイントのビフォーアフター

塗装の前後の写真です。タンクや他の外装と同じ時に作業をしてもらっているので色味やラインに違和感は出にくいと思います。付け足し付け足しで作業をするよりはまとまりのある作業は同じロットか同じ職人さんに作業を依頼するのがバランスよくまとめるコツかなと思います。

塗装の費用と模様やライン

変に塗装屋さんに手配させるよりもらいんやステッカーが販売されている場合は、
自分で手に入れてから持ち込んだ方が塗装屋さんも助かるケースが多いと思います。
ラインなどについても事前に相談をしてから発注した方がよいです。
車種やラインの内容によっては塗装屋さんが手元に持たれている場合もあります。
どちらにしても塗装は注文する側からしたら楽しい事です。
作業する職人さんも同じ塗装は存在しないし仕事として目に付く事なので、
日本人の職人としては文句が出ないようにはしてくれると思います。
稀にやっつけ仕事で作業をされる職人さんもいます。
怪しいなと思ったらお金などは先払いにせずに見積もりを貰って後払いにしましょう。
ちなみに私のCBX1000のリペイントは10万円切る価格でした。
追い金すると行っても受け取られなかったのでビールを大量に持っていきました。

リペイント-塗装の依頼をする時に渡したイラスト【まとめ】

作業を他人に依頼する時はある程度は安く依頼したいと思うのが人情ですが、
あまりにも安すぎたり、値切ったりすると次に依頼を受けて貰えなくなる事がありますし、
仕事のクオリティが下がります。逆に値切るよりはビールを持って行ったりとかする方が、
仕事のクオリティもあがりますし、次に仕事を頼みやすくなります。
塗装屋さんは仕事の品質が職人さんや工場の体質によって著しく変化すると思います。
1度酷い所があったのですが、見積もり金額より1万円多く渡してよろしくお願いしますと依頼したのですが、塗装の品質が悪すぎて、クレームも出さずに他の塗装屋さんに即日持って行ったこともあります。塗装屋さんもバイク屋さんも高いなら高いなりに品質が高い傾向が強いですし、
安いなら安いなりにどこかの部分で品質が悪いです。
CBX1000の塗装を依頼した職人さんは安いのですけど、ノークレームという条件付きでした。
腕の良い方だったので、私は依頼しました。
こういった点も自分の選択だと思います。
旧車というバイクに乗られている方はそろそろ外装の品質が気になると思います。
オリジナルを維持したい場合はもう一式購入してからリペイントするという方法もあります。
まだ、旧車と呼ばれる世代のバイクはヤフオクで中古ですが、外装が購入出来ます。
そろそろ秋が始まって冬を迎えます。リペイントの準備をご検討されてもよいのではないかと思います。それでは皆様も楽しいDIYライフをおすごしくださいませ!
シーユーアゲイン!

※下部にリペイントのギャラリーを追加しておきます。

リペイントのギャラリー

過去ページの小綺麗な塗装がらみの写真を掲載しておきます。
メーターやエンジンガード、ウインカー、リヤフェンダーもツヤ有ブラックで塗装をしています。

エンジンオイル一覧

エンジンオイルの一覧です。CBX1000ではモチュール300vの15w-50を使用しています。
バイクはおおむね10w-40の傾向が強いです。古いバイクと夏場は粘度高目と覚えておいてくださいませ。化学合成油や鉱物油など気にしない場合でも末尾の数字の【30】【40】【50】にはご注意ください。値段と性能は比例します。高い分にはトラブルに関しては心配はないのですが、安すぎるとなんだか不安になってしまいます。そういった点で言えば、ホンダウルトラや値段やメーカー純正な点を踏まえても使いたい候補にはあります。

モチュール

バイク用オイルと言えばモチュールの感が強いです。。人によってはモチュール以外のオイルは使いたくないという人もいます。エンジンオーバーホール済の旧車に入れている人が多いです。
OH済のエンジンはおおむね15w-50を入れていて夏なら10w-40を使ってもよいかなという感じです。
モチュール300V 15w-50 4リットル
モチュール300V 10w-40 4リットル
¥13,980 (2024/02/17 08:36時点 | Amazon調べ)

ホンダ-ウルトラシリーズ

メーカ純正で安価な部類のオイル群です。G1-G4までで数字が大きいほどグレードがあがるという考え方でよいかなと思います。純正志向の方などはホンダ純正オイル以外は使いたくないという方も多いです。安価だし値段は高くないしプラス面も多いです。ホンダは少し変わっていて全体的に粘度が低めです。E1は鉱物油です。早いサイクルでの交換や鉱物油派の方におすすめです。
ウルトラ G1 5W-30 1L
ウルトラ G2 SL 10W-40 1L
ウルトラ G3 SL 10W-30 4サイクル1L
ウルトラ G4 SL 0W-30 4サイクル1L
E1 SL 10W-30 4サイクル1L

メーカーHP

ヤマルーブ

昨今、評判の良いオイル。実際に使ってみてよかったという人には数名はお会いしました。静かにファンを獲得しているような気がします。他のオイルメーカーと比べて尖ったような特徴は謳っていませんが、本当に何だか良いオイルという感じでした。プレミアムとRS4GPではRS4GPの方がグレードが高いオイルです。
ヤマルーブ プレミアムシンセティック MA2 10W-40 4L
ヤマルーブ RS4GP 4L 10W-40 MA2 化学合成油

ワコーズ

ワコーズ製品を使って感動を覚えた人も多いはず。ケミカルはこれをつかっておけという位は日本で普及しています。バイク用か車用かの差異はなさそうなのですが粘度などを気を付けて購入してください。
PRO-S50 プロステージS 15W-50 E245 4L

Kawasaki-冴速-冴強

粘度の違いに気を付けてご購入ください。900RSの大ヒットでシェア率もあがっているし、評判も良いオイルです。違いはオイルの粘度です。特に指定やこだわりが無い場合は、10W-40 冴速をおつかいください。
冴強 10W-50 1L×4本セット J0ELF-K011S
冴速 10W-40 4本

シェルShell-アドバンスド

自社でオイルの精錬工場を持っていて天然ガスからオイルを作っている…使ってみたことはないのですが、非常に気になるオイルです。さすがに高い…が試してはみたいです。
シェルアドバンス 4T ウルトラ 1L 15W-50(SN) 412233193-1
シェルアドバンス 4T ウルトラ 1L 10W-40(SN) 412232193-1
SHELL ADVANCE(シェルアドバンス)
¥3,428 (2024/02/19 12:12時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました